TOEIC Part1対策と勉強方法まとめ

TOEIC Part1の対策と解き方

TOEIC part1は全問正解にできるパートです。

特に難しい対策は必要ないので、下記で紹介する方法を意識できれば、満点は可能です。

問題形式に慣れる

TOEIC Part1の対策で一番重要なのは、問題形式になれることです。

Part1で出題されるパターンはある程度決まっているので、それを把握してるかどうかが大切になってきます。

写真を事前に確認する

Part1の解答方法に関する説明分が流れている間に、どんな写真が問題になっているか事前に見ておきましょう。

写真の特徴を事前に把握しておくことで、問題の予測ができます。

予測してからリスニングの問題文を聞くと、正答率が高まります。

消去法で正答率を上げる

最後のpart1対策としては、消去法を使って正答数が率を上げるです。

4択の選択肢のうち、引っ掛け問題が出題される場合があります。

似通った単語の発音などで誘導させられるのですが、しっかり聞いておけば理解できるので、引っ掛け問題はすぐに選択肢から外しましょう。

TOEIC Part1の勉強方法

基礎的なリスニング力をつける

TOEIC part1は基礎的なリスニング力と問題形式が理解できていれば、怖くないです。

TOEIC part1で間違えてしまう人は、基礎的なリスニング力が不足してると考えられるので、まずはディクテーションに挑戦して下さい。

ディクテーションする

ディクテーションはリスニング学習方法の1つで、聞いた音声を書き取る練習です。

ディクテーションの練習をすることで、自分が聞けていなかった単語やフレーズを認識することができるので、part1の短い文章でも聞き逃しが少なくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です