TOEICリスニング対策と勉強方法

こんな悩みを持った人におすすめ

  • TOEICリスニングの問題文が聞き取れない
  • TOEICの長文リスニングで集中が持たない
  • TOEICのリスニングセクションのスコアが上がらない

TOEICリスニングセクションの概要

TOEICリスニング対策とコツ(Part)

TOEICリスニング対策のコツを紹介していくぞ。

リスニングセクションは時間配分は気にする必要ががないので、Part1-Part4まで集中力を途切らさないことが大事だ。

それでは、各Part毎に覚えておいた方がよい対策方法を説明していく。

TOEIC Part1

TOEIC Part1は写真描写問題だ。

人物写真や風景写真を1枚見て、その内容に合った解答を選ぶ形式。

Part1対策で効果的なのは、主語と動詞を聞き取ることだ。

主語が単数形(IやShe)か複数形(They)を聞き分けるだけで、解答できる問題もある。

他の詳しく解答のコツについては下記の記事にまとめてあるぞ。

関連記事: TOEIC Part1対策と勉強方法まとめ

TOEIC Part2

TOEIC Part2は応答問題と呼ばれ、短い問題が流れた後に適した解答を選ぶ。

Part2は全て音声だけで、解答の選択肢も記載されてない。また解答の選択肢が3択なのだ。(他のPartは全て4択)

Part2の対策は、ひっかけ問題に注意することだ。

問題文で流れた単語の同音異義語が解答文で流れるが、解答として適してないひっかけ問題が頻出される。

関連記事: TOEIC Part2対策

TOEIC Part3

TOEIC Part3は長文リスニングの会話問題だ。

複数人で話される文章を聞いた後、内容の正しい解答を選ぶ。

TOEIC Part3の対策は、問題文と解答の選択肢の先読みをすることである。

先読みすることで、どのような音声が流れるかの推測ができ、正答率が上がるからだ。

関連記事: TOEIC Part3対策

TOEIC Part4

TOEIC Part4は長文説明問題と呼ばれ、アナウンスや電話メッセージを聞いて答える内容だ。

TOEIC Part4の対策は、Part3と同じ先読みが有効だ。

また、出題される問題のジャンルがある程度決まっているので、先読みの時に問題のジャンルが把握できると正答率が伸びるぞ。

関連記事: TOEIC Part4対策と勉強方法まとめ

TOEICリスニング勉強方法

TOEICのリスニングの勉強方法は大きく分けて、次の2つに分かれる。

  1. 基礎の英語リスニング能力を身につける
  2. 各パートの問題形式と解答のコツを理解する

ディクテーション

基礎的な英語のリスニングが身についてない人は、まずはディクテーションと呼ばれるトレーニングをオススメするぞ。

ディクテーションは、リスニングで聞こえた英文を全て書き取るトレーニングだ。

ディクテーションをすれば、どんな音声(副詞や助詞)が聞き取れてないか、自分の弱点が分かる。

シャドーイング

シャドーイングはリスニング力アップのために、ディクテーションと並行して進めて欲しい。

シャドーイングはリスニングで聞こえてきた音声を真似して話すトレーニングだ。

シャドーイングは散歩中や通勤中など、どこでも出来るトレーニングなので、ぜひ毎日の習慣にしていこう。

各パートの問題形式の理解

TOEICリスニング対策で紹介した各Partの問題形式を理解することが大切だ。

リスニング対策ができる参考書、問題集やアプリを組み合わせて、何度も練習していくのが近道だぞ。

TOEICリスニングおすすめ参考書と問題集

TOEICリスニングおすすめアプリ

TOEICリスニングにおすすめなアプリを紹介するぞ。

スタディサプリENGLISH

スタディサプENGLISHは、TOEIC全ての対策ができる神アプリだ。

English Upgrader

English UpgraderはTOEIC試験を運営しているETSが提供しているアプリだ。

TOEIC対策ができる無料アプリとしては使えるアプリなので、まだダウンロードしてない人はぜひダウンロードしてみよう。

Lissn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です